コンビニでエロ本の表紙目隠しに対して誰得?の声が

コンビニでエロ本の表紙目隠しに対して誰得?の声が

コンビニでエロ本の表紙目隠しに対して誰得?の声が
大阪府堺市にあるファミリーマートでアダルト雑誌の表紙が目隠しされた状態で販売が始まったことに波紋が起きているそうです。

これは大阪府の青少年健全育成条例で有害図書類に指定されたものが対象となっているそうですが表紙中央部分を緑色のビニールフィルムで包まれた状態で陳列をされたそうです。

この表紙隠しにたいして出版社はどんな雑誌かもわからず出版のp自由を侵している、表現の自由に関わる大問題だと非難の声が相次いでいるそうです。

お店を利用している男性は以前はコンビニでエロ本を購入することもあったけど表紙をみてええなとおもって買うのに表紙が隠されていたら買うはずない。そもそも表紙隠して誰が得をするの?と疑問の声をあげていたそうです。

コメントは受け付けていません。